結果を出すための 『個別学習システム』を何回かに分けて紹介します。

「なかなかできない家庭学習・・」こんな悩みを持つのは、あなただけではありません。家にかえればつい・・というような経験は誰にもあるもの。しかし、学習したことを、確実な結果に結び付けるためには、効果的な家庭学習が必要なのも事実です。学校や塾での授業で「わかった!」としても、放置しておけば、せっかくの学習成果はどんどん風化。あいまいになったり、消えてしまったりということになりかねません。

人間の記憶には、短期間しか維持されない記憶と長期にわたる記憶とがあります。短期記憶を長期記憶の容器に移行させ、記憶の検索システムも活性化させておかなければなりません。そのためには、適切な家庭学習が不可欠。保護者の方からも、「家庭学習の面倒も見てもらえないか」という要望が以前から寄せられていました。

学校や塾での授業に加え、いかに家庭学習を支援するか、当社では、このテーマに取り組み、長年の経験に加えて学習心理学の成果も取り入れ、研究を重ねてきました。そしてここにひとつの答えを出しました。それは『個別学習システム』これまでの家庭学習を、理想的な個人学習を可能とする環境、『個別学習システム』でやってしまおうというものです。

次回は「家庭学習の落とし穴」お楽しみに!