梅雨ある地域では、六月は梅雨の季節。どんよりと曇った空やしとしとと降り続く雨にうんざりする気持ちは誰にでもあるでしょう。

この梅雨の季節にはとても良い言葉があります。それは「慈雨」という言葉です。「慈」とはいつくしむこと=愛すること、大切にすることの意味です。

人の心を慈しみ優しくしてくれる雨もあります。
穀物を育てるために必要な雨が優しく降り続く六月、私達は人を愛し人を大切にする気持ちをもっともっと育てなくてはなりません。

例えば今、君たちの間では、インターネットへの書き込みによる心ない中傷の言葉に傷つき悩んでいる仲間がいます。その心ない中傷の言葉には「慈」の人間らしい思いやりなどまったく感じられません。

人を傷つけることは自分を傷つけることです。人が人を傷つけることは絶対に許されないことです。

六月、君の心にも優しい恵の雨を降らせてください。

 

君の心にも 恵みの雨が降る