今年の冬は全国的に本当に厳しい冬でした。毎日が冬の過酷さに耐えるだけの日々で、春が来るなんて少しも思えませんでした。

冬もいつかは終わり、待望の春がやってくる。誰でも頭の中では分かっていることなのに、真冬の厳しさの中にいる者にはそれがどうしても信じられなくなります。私たちは自分の人生の中でも同じ経験をします。毎日がどうしようもなく辛くてがんばってもがんばっても、少しも良くならないとき、こんな日々が終わることなくこれからもずっと続いていくのではないかと絶望的な気持ちになってしまいます。

でも、二月の寒さの中で一輪の梅の花が静かにひっそりと咲いているように、君のがんばっている日々の中でも希望の一輪の花が確実に咲き始めています。君の努力は必ず報われる日が来ます。

今が辛くてもそれでも春はやって来る!

学校の勉強、受験、社会人がんばっている人に